「●●の日」にかけて集客する|日刊「飲食店の集客アイデア」

これは今年から祝日になった”山の日”にかけた「山盛りご飯フェア」を開催した事例ですね。

いいですねー!

お客様に向けて情報発信をする理由はなんでもいいんですね。

11月11日はポッキーの日と宣伝して
なんとなく皆さん知るようになりましたよね。

土用の丑の日が平賀源内がうなぎ屋の販促キャンペーンで始めたり
バレンタインも菓子メーカーの仕掛けだったりします。

大事なことはそれを周りのお店も巻き込んでムーブメントにすることですね。

1店舗当たり2万円ずつ広告費を出資すれば
10店舗集まれば20万円の広告予算になります。

Facebook広告やInstagram広告を使えば
20万円の予算があれば10万人〜20万人には広告表示できます。

ぜひやってみてくださいね!

LINE友だち追加で
セミナー動画プレゼント
Googleマップ
(Googleマイビジネス)
新規集客セミナー
【MEO対策入門編】
 
友だち追加

関連記事

  1. 脳科学を利用したキャッチコピーで売上をアップする方法|店舗経営者の集客…

  2. 企業の福利厚生に自社サービスを追加して集客できる方法をご紹介|繁盛店の…

  3. 定額制(サブスクリプションサービス)を導入して飲食店の売上を上げる方法…

  4. グルメサイトはライバル店と比較検討されやすい|日刊「飲食店の集客アイデ…

  5. 他の飲食店にパクられない”個性”の作り方|飲食店の集客アイデア

  6. 盛り付けを変えることで飲食店の売上をアップする方法

  7. インスタグラムやブログが続かない人が継続する方法|日刊「飲食店の集客ア…

  8. スマホ時代の飲食店の集客方法|日刊「飲食店の集客アイデア」