スマホ時代の飲食店の集客方法|日刊「飲食店の集客アイデア」

現代はターゲットの24時間を奪うビジネスが上手く傾向があります。

アップルはiPhoneを発売し時価総額が右肩上がりに伸びています。

Instagramを傘下に収めるFacebook社も同様です。

我々もターゲットの365日24時間の何処かに出現し続けなければいけません。

例えば「雨の日特典」もいい例ですね。
雨が降ったら、そのお店を思い出してくれる可能性があります。

このお店は「真夏日」になったらドリンクのサイズをアップしてくれるという企画を立てています。


今なら5℃以下なら●●プレゼントとかでもいいですし、
例えばInstagramの「いいね!」が100件超えたら●●といった企画でも良いと思います。

いかにターゲットの時間を奪えるか?
ぜひアイデアを出してやってみるといいですね!

関連記事

  1. お客様にインスタグラムに投稿してもらい集客する方法|日刊「飲食店の集客…

  2. グルメサイトの凋落

  3. 脳科学を利用したキャッチコピーで売上をアップする方法|店舗経営者の集客…

  4. インスタグラムやブログが続かない人が継続する方法|日刊「飲食店の集客ア…

  5. インターネットで集客の悩みを解決する基本的な考え方とは?|繁盛店の集客…

  6. 他の業界がやっている広告をズラして集客に活かす方法

  7. 飲食店がテレビや雑誌から無料でバンバン取材を受けて集客する方法

  8. 企業の福利厚生に自社サービスを追加して集客できる方法をご紹介|繁盛店の…