小屋起業物語

※私・小屋の【独立起業物語】を執筆しましたので、

興味がございましたらご一読ください。

(興味がない場合はスルーしてください。笑)

【 全3回の小屋 真伍物語 】

第1話 かっこ悪い独立起業

「だったら会社辞めてやるわ」

当時勤めていた会社の新商品がどうしても
「クライアント」のためにも
「カスタマー」のためにもならないと感じ、
7年半勤めた会社を半ば喧嘩別れのような形で辞めました。

前々から独立起業したいと思ってはいましたが、
私の独立はカッコイイ計画的なものではなく
衝動的に飛び出した形でした。

計画的ではありませんでしたが、

飛び込み営業は得意でしたし、
お客様からの信頼も厚かったと
自負していましたので

今までの経験を生かして
飲食店様の集客代行を仕事にすれば

「なんとかなるだろう」と思っていました。

しかし、そう甘くはありませんでした…。

今までお世話になっていたクライアントは
話は聞いてくれるものの仕事にはつながらず。

新規営業は飛び込んでも、飛び込んでも
話さえも聞いてもらえませんでした。

そうです。

「リクルート」「ホットペッパー」という
大看板があったから私の話を聞いてもらえただけで、

「小屋 真伍」という個人に「価値」があるわけではなかったんです。

今思えば、
典型的なサラリーマン思考でした。

貯金はみるみる減っていき、

小さなプライドをへし折られ、
弱りきった私は
ここからさらに迷走していきます。

(つづく)

第2話「迷走の日々と逆転の兆し」を読みたい!という方は、

↓こちらからご登録ください。