脳科学を利用したキャッチコピーで売上をアップする方法|店舗経営者の集客アイデア

お店のポップを作ったりチラシを作ったり、グルメサイトで広告を作っていますよね。

このとき、キャッチコピーなど、なんとなく作ってませんか?

これはすごくもったいないことなんですよ。

下記は過去に私がFacebook広告で出稿をした時のキャッチコピーの事例です。

1.福岡のトレンド鍋をご紹介!

2.【福岡】人気の鍋をご紹介

3.【福岡】絶対食べたい人気の鍋まとめ

4.【福岡】通だけが知っている人気の鍋まとめ

5.福岡の通だけが知っている人気の鍋まとめ

6.福岡で人気の鍋をご紹介

この中で最もクリックされてウェブサイトに誘導するのにコストが安かったキャッチコピーはどれだかわかりますか?

正解は4番です。

4番は1人をウェブサイトに誘導するのに8円で呼べているのに対し、

1番は29円かかってしまったのです。

月に100,000円の広告費を使うとするならは

100,000円/8円=12,500

100,000円/29円=3,448

9,000人以上も誘導できる人数が変わるわけです。

同じ広告費を使うなら多くの人に見てもらえるほうがいいですよね?

このように同じ写真を使ったとしても言葉の選び方、キーワードの選び方1つで反応は全く変わります。

言葉の選び方は学ばなければもったいないですよね。

もう一つクイズを出します。

レストランのメニューからクイズです。

次の3つの料金表示うち、

一番多く注文が取れたのはどれでしょう?

① ¥記号をつけた数字で表示:¥1,200

② ¥記号をつけない数字表示:1200

③ 文字で説明:千二百円

少しの間、考えてみてください。













正解は②です!

このクイズはアメリカにあるコーネル大学の研究チームが行った実験をもとに作られたクイズです。

この実験は、商品を購入する前に「お金」に関するイメージを強く持たせた場合とそうでない場合で購入結果に差が出るかどうかを確かめるものでした。結果、「¥」「円」という表示でお金をイメージさせた①③よりも、②の数字のみの表示を見た客の方がかなり多くの金額を費やしていたことがわかりました。

¥」「円」をつけるかつけないかで売り上げが全く変わるのであれば、このような脳が判断する”法則”や”型”は絶対に学んでおいた方が良いに決まってます。

これらの脳が判断する法則を科学的に検証して実際の広告などで実証をした事例が100も載っている書籍があります。

知らない間に買っている「欲しい」が生まれるメカニズム
脳科学マーケティング100の心理技術

http://directlink.jp/tracking/af/1052129/Lcij7go5/

今なら1回飲みに行くよりも安くで手に入ります。

1回、飲みに行くのを我慢して、この本を真面目に勉強すれば100倍にも200倍にもなって返ってきます。

しかも、一生使えるスキルはなので早く学ぶことをお勧めします。

ぜひ参考にしてくださいね。

友だち追加

日刊「繁盛店の集客アイデア」をメールマガジン購読する

他業界の事例もたっぷり紹介。
1日1事例で今日使える売上・利益アップのアイデアがいっぱい。
電子書籍「繁盛店の集客アイデアーBest Idea集ー」
無料プレゼント

関連記事

  1. グルメサイトはウリが自由に書けない|日刊「飲食店の集客アイデア」

  2. 「●●の日」にかけて集客する|日刊「飲食店の集客アイデア」

  3. 新年の福袋から飲食店の集客に活かすアイデア

  4. 他の飲食店にパクられない”個性”の作り方|飲食店の集客アイデア

  5. 定額制(サブスクリプションサービス)を導入して飲食店の売上を上げる方法…

  6. グルメサイトの凋落

  7. LINE@の友だちを増やすための心得|日刊「飲食店の集客アイデア」

  8. ホットペッパーで1人当たりどれくらいの費用で集客できていますか?|日刊…