スマホ時代の飲食店の集客方法|日刊「飲食店の集客アイデア」

現代はターゲットの24時間を奪うビジネスが上手く傾向があります。

アップルはiPhoneを発売し時価総額が右肩上がりに伸びています。

Instagramを傘下に収めるFacebook社も同様です。

我々もターゲットの365日24時間の何処かに出現し続けなければいけません。

例えば「雨の日特典」もいい例ですね。
雨が降ったら、そのお店を思い出してくれる可能性があります。

このお店は「真夏日」になったらドリンクのサイズをアップしてくれるという企画を立てています。


今なら5℃以下なら●●プレゼントとかでもいいですし、
例えばInstagramの「いいね!」が100件超えたら●●といった企画でも良いと思います。

いかにターゲットの時間を奪えるか?
ぜひアイデアを出してやってみるといいですね!

↓MEO対策セミナー動画をプレゼント中↓

↑MEO対策セミナー動画をプレゼント中↑

関連記事

  1. テレビや雑誌のトレンドを季節メニューに取り入れて飲食店の集客に活かす方…

  2. 他の飲食店にパクられない”個性”の作り方|飲食店の集客アイデア

  3. メニューに「食べ方」を加えるだけで客単価アップ【飲食店の集客アイデア】…

  4. 他の業界がやっている広告をズラして集客に活かす方法

  5. インスタグラムやブログが続かない人が継続する方法|日刊「飲食店の集客ア…

  6. 定額制(サブスクリプションサービス)を導入して飲食店の売上を上げる方法…

  7. ホットペッパーに依存せずに集客する方法|日刊「飲食店の集客アイデア」

  8. 「●●の日」にかけて集客する|日刊「飲食店の集客アイデア」