雨の日割引で集客する方法とは|日刊「飲食店の集客アイデア」

昨日雨の中、食事にいったんですが感動しました。

入ったらすぐにタオルが用意してありました。

この気遣い素敵ですよね。

見込み客の24時間に入り込むこと
大切だと何度かお伝えしたことがあると思います。

雨の日割引を作ったからといって
劇的にお客様が増えるわけではありません。

定着する努力が必要なんです。

「あー、雨が降ってる。
そういえば●●さんところ
雨の日なんかいつもやってたな」

こうやって思い出して
もらえなければ意味はありません。

記憶に残るためには
何かの体験とセットにするのがおすすめです。

LINE@で雨の日割をPRして
お店に来店をしたら
タオルが用意してあった。

とか、

LINE@で
「傘貸します!いつ返してもらってもOKです!」
というメッセージを送って
来店したら温かいスープが用意してあった。

こんなちょっと感動する体験と
セットにすることで
雨が降ったら●●さんのお店を
思い出してもらえる仕組みを作りましょう。

関連記事

  1. 新年の福袋から飲食店の集客に活かすアイデア

  2. 【改善事例】SNS写真投稿キャンペーンの参加率を上げる方法

  3. なぜLINE@導入で問合せの数が12倍に増えたのか?

  4. インターネットで集客の悩みを解決する基本的な考え方とは?|繁盛店の集客…

  5. 「●●の日」にかけて集客する|日刊「飲食店の集客アイデア」

  6. 定額制(サブスクリプションサービス)を導入して飲食店の売上を上げる方法…

  7. LINE@の友だちを増やすための心得|日刊「飲食店の集客アイデア」

  8. 飲食店のキャッシュレス化を集客に繋げる方法