雨の日割引で集客する方法とは|日刊「飲食店の集客アイデア」

昨日雨の中、食事にいったんですが感動しました。

入ったらすぐにタオルが用意してありました。

この気遣い素敵ですよね。

見込み客の24時間に入り込むこと
大切だと何度かお伝えしたことがあると思います。

雨の日割引を作ったからといって
劇的にお客様が増えるわけではありません。

定着する努力が必要なんです。

「あー、雨が降ってる。
そういえば●●さんところ
雨の日なんかいつもやってたな」

こうやって思い出して
もらえなければ意味はありません。

記憶に残るためには
何かの体験とセットにするのがおすすめです。

LINE@で雨の日割をPRして
お店に来店をしたら
タオルが用意してあった。

とか、

LINE@で
「傘貸します!いつ返してもらってもOKです!」
というメッセージを送って
来店したら温かいスープが用意してあった。

こんなちょっと感動する体験と
セットにすることで
雨が降ったら●●さんのお店を
思い出してもらえる仕組みを作りましょう。

関連記事

  1. 新年の福袋から飲食店の集客に活かすアイデア

  2. メニューに「食べ方」を加えるだけで客単価アップ【飲食店の集客アイデア】…

  3. 飲食店がテレビや雑誌から無料でバンバン取材を受けて集客する方法

  4. インスタグラムで集客を成功させるためのカギとは?|日刊「飲食店の集客ア…

  5. ホットペッパーに依存せずに集客する方法|日刊「飲食店の集客アイデア」

  6. グルメサイトはウリが自由に書けない|日刊「飲食店の集客アイデア」

  7. インターネットで集客の悩みを解決する基本的な考え方とは?|繁盛店の集客…

  8. 「●●専用の■■」で客単価をアップする方法|日刊「飲食店の集客アイデア…