コラボ商品マーケティングの販促効果を最大化する方法|飲食店の集客アイデア

コラボレーションで顧客を拡大する方法についてお話をしていきます。

コラボレーションの事例

昨日スーパーに行ったら
湖池屋とニチフリのコラボ商品
「ポテトチップスのり塩味のふりかけ」がありました。

最近はコラボレーションの商品が多く見られるようになりました。

他にも記憶に新しいのは
マックシェイクのコラボ商品「飲むチェルシー」
https://www.instagram.com/p/BZBiNbBn5ho/

バーバパパ×クリスピー・クリーム・ドーナツ
http://www.cinemacafe.net/article/2018/02/16/55409.html

「午後ティー×ポッキー」
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/14/news033.html

コチラはインスタ映えも狙った商品ですね。

こういった商品に限らず、
レストラン同士でコラボすることもあります。

2015年、2016年にアジアナンバーワンレストランに輝いた
レストラン「gagan」と日本料理「傅」とコラボイベントをしていましたね。

鹿児島で人気のラーメン屋×カレー屋がコラボして
話題になりました。

コラボは飲食関係にとどまらず

アーティストでも
絢香&三浦大知がコラボで曲をリリースしましたね。

過去には
「エグザイル」と「GLAY」がコラボしたこともありました。
「くるり」と「リップスライム」や「ユーミン」もコラボしていました。

コラボレーションをするメリットはなにか?

大きく2つあります。

一つは話題性です。

メディアは新しい話題を常に探しています。
人気物同士のコラボは話題になるためPRを送れば
取り上げてくれる可能性が高いでしょう。

もう一つは、
ファン層の拡大です。

私はロックバンド「くるり」のファンですが、
ロックを聞く人はあまりヒップホップを聞かない傾向があります。

逆も然りです。

リップスライムは存在は知っていましたが、
特別聞くことはしてきませんでした。

しかし、
くるりとリップスライムがコラボしたことで
リップスライムもかっこいいじゃん。

となり、
リップスライムの曲も聞くようになりました。

このように、
新たなファン層をコラボした同士で
お互いに取り込むことができます。

●具体的なコラボ集客実践方法

1.近隣の違うジャンルのお店とコラボで商品開発をする
2.お互いの常連さんを招いて試食会を実施
3.試食会でコラボ時のオリジナルハッシュタグでInstagramに投稿してもらう
4.メディアにプレスリリースを送る

ぜひやってみてくださいね。

友だち追加

日刊「繁盛店の集客アイデア」をメールマガジン購読する

他業界の事例もたっぷり紹介。
1日1事例で今日使える売上・利益アップのアイデアがいっぱい。
電子書籍「繁盛店の集客アイデアーBest Idea集ー」
無料プレゼント

関連記事

  1. 「糖質オフ」メニューでダイエット実践者を集客する方法|飲食店の集客アイ…