SEO対策になるクチコミを上手に貰う方法

こんにちは。
以前、Googleマップで検索結果の上位を
目指すなら、Googleが自動生成するページ
「ローカルパネル」を充実させましょうと
お伝えしましたね。
Googleマイビジネスは登録して
触ってみましたか?
まだ登録してないという方はすぐに登録して下さいね。
ローカルパネルには何の情報が
書いてあるかおさらいしましょう。
http://buzz-create.com/wp-content/uploads/2017/06/検索結果の上位に自店舗を表示させる方法.001-1.jpeg
1.店名
2.住所
3.営業時間
4.電話番号
5.ホームページURL
6.写真
7.お店の説明文
8.訪問数の多い時間帯
 ※出ていないお店もあります。
9.Googleのクチコミ
10.他メディアのクチコミ
この項目でお店が努力して向上できる項目
はどれでしょう?
6,9,10ですよね?
中でもクチコミは絶大です。
Googleは最近、人の体験談を重視している
傾向があります。
その証拠にローカルパネルの項目はGoogle
からのクチコミだけが表示されていました
最近新たに他のメディアに書き込まれた
クチコミもローカルパネルで紹介される
ように機能が追加されています。
Googleが何か機能を変更するときは、
世の中の人のネット上の行動をデータで
じーっと見つめ、こんな情報を求めている
から新たに機能を追加していこう。
と決めています。
世の中の人にとって役に立つ機能だから
追加するし、その情報を求めていると
Googleが判断しているから当然その情報が
充実していればGoogleが紹介を優先すべき
ウェブサイトであると判断して検索結果の
上位に表示してくれるということは
想像に難くないと思います。
Googleがクチコミを重視するようになった
のは少し前に問題になったウェルクなどの
影響が考えられます。
ウェルク問題を簡単に解説すると他の人が
書いた情報を専門知識を持っていない素人
に少しだけ書き換えさせて自分の書いた物
として大量に公開していたというところにあります。
それまでGoogleは
記事を多く掛ける=情報を持つ専門家
であると仮定し、定期的に多くの記事を
アップするウェブサイトを検索結果の上位
に表示していました。
ユーザーの気持ちを考えるとどうでしょう?
詳しい人に聞きたいと思っていたのに
専門知識のない素人が語尾だけ変えて
伝える情報に価値はあるでしょうか?
ないですよね。
こういった手法はGoogleのプログラムの穴
を逆手に取ったSEOの手法です。
Googleの穴をついたSEO手法は
ほどなく対策されていきますのでやめましょう。
Googleはプログラムを新たに作り
その人しか書けない「体験談」
やってみた・行ってみた・食べてみた
つまりクチコミをより重要視するようになったんです。
ではクチコミはどうすればもらえるでしょうか?
素直にお願いしましょう。
クチコミは黙っててはほとんど増えません。
ですから「クチコミ書いて下さい」と素直にお願いしましょう。
私もクチコミをわざわざ書くタイプではありませんが
美容室に訪れた際に1件だけ
「よかったらクチコミを書いていただけないでしょうか?」
と依頼されました。
対応も良い美容室でしたので
快諾しその日のうちにクチコミ書きました。
そのスタッフさんにクチコミ書いて下さいと
お願いされなかったら私はクチコミを書いていなかったでしょう。
まずは素直にお願いすることです。
飲食店の場合は”その場”で書いてもらわなければお酒も入っているので忘れられてしまいます。
クチコミをすぐに書いてもらえられるように準備を行い
適切なタイミングでクチコミをお願いしましょう。
STEP1
すぐにクチコミを書いてもらえるようQRコードを用意
Google、Facebook、食べログ、ホットペッパーなど
各種用意しておく。
Googleアカウント持ってませんという人もいるので
書きやすいアカウントで書いてもらえるようにします。
取りこぼしが一番もったいない。
STEP2
ラストオーダーのタイミングで
「クチコミを書いてくださったら無料」
食後のデザートもしくは最後の1杯をプレゼントする。
原価数百円で今後の広告費が半減できるならやる価値があると思います。
ぜひやってみて下さい。
PS
本日から2017年も下半期ですね。
昨年と違う結果を出したいなら
昨年とは違う行動を取らなければいけませんよね。
私も今までとは違った動きをしていきますよ。
頑張っていきます。

日刊「繁盛店の集客アイデア」をメールマガジン購読する

他業界の事例もたっぷり紹介。
1日1事例で今日使える売上・利益アップのアイデアがいっぱい。
電子書籍「繁盛店の集客アイデアーBest Idea集ー」
無料プレゼント

関連記事

  1. 6ヶ月間で今の広告費を半分にする方法