飲食店の平日集客の課題を解決する方法とは?|飲食店の集客アイデア

飲食店の永遠の課題である
平日集客を解決する手段について
今日はお話をしていきます。

それは「コラボイベント」
開くことです。

例えば近隣の人気店と
メニューを開発した試食会イベントだけでなく
他業種とのコラボもおすすめです。

今なら仮想通貨を学ぶセミナー
税理士さんとコラボし、
懇親会を店舗でやってもらうのも手です。

プロジェクターやモニター、マイクなど
用意しているお店は追加で必要な設備は
ないのですぐに始めることができます。

他には税理士さん以外にも
働き方改革で国が推進している
補助金関連を取り扱っている社労士さん

空き家対策を担う司法書士さんなど
士業さんは特にセミナーを積極的に行う
業種です。

また、カウンセラー・セラピストなど
コミュニケーションを教える人
様々なイベントを開いています。

こういったセミナーやイベント主催者は
ネックは会場費用です。

セミナーをするのに2〜3時間で会場費が
20,000円〜30,000円かかり、
プロジェクターやマイクを借りるのに
10,000円〜1万5,000円ほどかかります。

この会場費用が抑えられる上に
懇親会も同時にできるのは先生方にとって
非常にメリットがあります。

まずは週に1回、決まった曜日に定期的に
お店で何かしらのイベントが行われる状況を
作ることを目指しましょう。

曜日を決めて行うことで
この何曜日は何かしらのイベントがあると
お客様の脳にルーティンを作ることによって
あなたのお店のメディアを
よくチェックしてくれるようになります。

どのようなステップで始めるかまとめます。

まずはコラボしてくれる主催者を見つけます

その方法はFacebookがオススメです。

Facebookのイベント検索のページを開き
上から順番に主催者に直接オファーをかけます。

その際に

・会場費が無料であること
・プロジェクターマイクなどの設備が整っている事
・懇親会のプランも用意していること

をお伝えしていきましょう。

なぜFacebookのイベントで検索するのが良いか?

主催者がFacebookでイベントを開催するという事は
インフルエンサーの可能性が高いということです。

その参加者もFacebookを使っているケースが多く
シェアが期待できるからです。

更に、当日イベント参加者に
拡散再アプローチ促進
手を打っておきましょう。

テーブルに

・#(ハッシュタグ)キーワード
・line@登録のQRコード

のポップを用意しておき、
登録者や拡散してくれた人には
デザートをプレゼントするなど
特典を促しておきましょう。

これで回数を重ねて行くことで
イベントに参加する属性の人たちが
自社LINE@に格納されていくので

イベントを主催したい人に
広告料をもらって自社のLINE@で
告知をしてあげることができます。

これで店舗外収入が1つ増えます。

ぜひやってみてくださいね。

日刊「繁盛店の集客アイデア」をメールマガジン購読する

他業界の事例もたっぷり紹介。
1日1事例で今日使える売上・利益アップのアイデアがいっぱい。
電子書籍「繁盛店の集客アイデアーBest Idea集ー」
無料プレゼント

関連記事

  1. アイドルタイムの集客対策方法について|日刊「飲食店の集客アイデア」

  2. 【事例】バンドワゴン効果(行列効果)で繁盛店にする方法|店舗経営者の集…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。