客単価を5倍以上に高くすることに成功した事例をご紹介|繁盛店の集客アイデア

今タイに来てるんですけど

アジアNO1レストラン「ガガン」に行ってきました。

面白かったですねー。

まさに「エンターテイメント」

まずメニューが全て絵文字

全部で25皿。

1皿1皿がサプライズの連続。

トップレストランにも関わらず
お皿を舐める料理などもあったり、

サービスマンもすごくユーモア。

美味しかったのは当然なんですが
何より「楽しかった」

ソムリエの方が日本人で
料理に合わせてワインをペアリングしてくれました。

25皿に対し、
ワイン9杯。

それはもう楽しい。

楽しかったよー!
という話で終わらぜては面白くないので。

いくらぐらいの売上になるかなんとなく計算してみました。

お値段。

料理6500バーツ
ワインペアリング4500バーツ

11000バーツ+サービス料・税金17%

周りを見渡すと全てのテーブルで
ワインペアリングをオーダーしていたので、
客単価は大体45,000円くらいでしょうか?

お店のシステムは
17:30〜
21:00〜の2回転。

お店は1ヶ月前でも予約が難しいので
2回転フルで満席。

大体50席くらいだったので
45,000円×50席×2回転=450万円/日

月商1億3500万円!!!

年商16億2000万円!!!

飲食店でここまで行けるんですね。

で、これと共通してるなー。
と感じたNewsがありました。

フェンシング2.0に挑む会長・太田雄貴の奮闘
https://toyokeizai.net/articles/-/242510

北京オリンピックでフェンシング銀メダルを獲得した
太田さんが昨年フェンシング協会の会長に就任し、

戦略を組み、改革を進めた結果、
1000円で売っていたチケットを5,500円にしても満席にしたというNEWSです。

客単価を今までの5.5倍にして満席にできますか???

凄まじいですよね。

この秘密は「エンターテイメント化」です。

いろいろな伏線はあるんですが、
簡単に言うと、

フェンシングの全国選手権の会場を
従来の体育館ではなく、

舞台公演で使われる東京グローブ座で
行ったんですね。

太田さんはこう言っています。
「普段、コンサートや劇団四季のようなミュージカルを観に行く人は、1万円を支払うことに対して、抵抗はないわけです。

そこに1万円の価値があると感じているから。

一方で、スポーツとなると、どうしても受益者負担がない世界になってしまう。1000円では僕らはいつまで経っても収益化できない。

だから、スポーツとしてのフェンシングからアート・芸術の世界に進化させたかったというのがあります。同じスポーツの土俵では勝てないなら、早めにこっち(アート・芸術)にもっていくというのが、ポイントだと思っています」

先に紹介したレストラン・ガガンも
太田さんのフェンシングも

「食事」「アマチュアスポーツ」という
枠組みで見られてしまうと「高い」となるわけです。

ですから違う枠組みとして捉えてもらうために
エンターテイメントにすることで
客単価が5倍以上になっても人が来るわけです。

貴店に「エンタメ化」できる要素はありませんか?

ぜひやってみましょう!

友だち追加

日刊「繁盛店の集客アイデア」をメールマガジン購読する

他業界の事例もたっぷり紹介。
1日1事例で今日使える売上・利益アップのアイデアがいっぱい。
電子書籍「繁盛店の集客アイデアーBest Idea集ー」
無料プレゼント

関連記事

  1. 日本でチップを導入する方法|飲食店の集客アイデア

  2. メニューに「食べ方」を加えるだけで客単価アップ【飲食店の集客アイデア】…

  3. 販促POPで情報を伝えることで売上を上げる方法|飲食店の集客アイデア

  4. 「●●専用の■■」で客単価をアップする方法|日刊「飲食店の集客アイデア…

  5. 今日からできる客単価を上げる簡単な方法

  6. 新作メニュー・新商品で客単価を上げる方法|飲食店の集客アイデア

  7. 徹底した顧客管理で”利益”を上げている家電量販店の事例

  8. メニューのネーミングだけで単価をアップする戦略|日刊「飲食店の集客アイ…