販促に使える「小規模事業者持続化補助金」の上手な使い方

小規模事業者持続化補助金って知ってますか?

●小規模持続化持続化補助金とは

中小企業庁のホームページにはこのように書いてあります。

小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が、商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部を補助します。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2018/180309jizoku.htm

つまり、中小企業庁が零細企業の販路の拡大
つながる経費の3分の2(最大50万円)の補助金を出してくれるという制度です。

●小規模事業者持続化補助金の実例

小規模事業者持続化補助金は比較的自由に使える補助金です。

採択されたプロジェクトをホームページで見ることができます。

どんな物が採択されるのか参考になりますので
タイトルだけでもいちど見てみることをお勧めします。
http://www.shokokai.or.jp/?post_type=annais&p=4779

中にはホットペッパーの掲載費を
この補助金で賄っているケースもあります。

毎月支払っている広告費が500,000円割り引かれるのであればお得です。

しかし、私はこのような使い方はおすすめしません。

せっかく500,000円の補助金が出るのでしたら、
今まで試したことのない販促活動に挑戦し、
未来への投資に使いましょう。

ホットペッパーやぐるなびなどの
今まで使っていた広告費の一部を
補填するやり方では結局今までの延長でしかありません。

ですから今回はお勧めの使い方をご紹介します。

●小規模事業者持続化補助金のお勧めの使い方

1.ITツールへの投資
2.ネット広告への出稿
3.スタッフのスキル向上

1.ITツールに投資する

おすすめなのは予約システム、顧客管理システムの導入することで
ホットペッパーやぐるなび、食べログなどのネット予約全てを一括管理できるツールを導入し、業務効率化と顧客のロイヤルカスタマー化を図る取り組みです。

または、LINE@のプロプランにプランアップし、
LINEで予約が取れるようにしたり、
ターゲット別に配信ができるようにすることで
ロイヤルカスタマーづくりに挑戦するのもアリです

スマートフォン対応の自社ホームページを作り
グルメサイトや求人サイトに依存している体質から脱却を図るのもお勧めです。

2.ネット広告に投資する

2つ目のおすすめはグルメサイト以外の
ネット広告に挑戦することもお勧めです。

例えば、GoogleやYahoo!などの検索結果に直接広告を出稿するリスティング広告やFacebookやInstagram、Twitterなどに広告を出稿するSNS広告など

グルメサイトとは違う広告に挑戦し、
グルメサイト集客依存の割合を減らしていく方法もあります。

3.スタッフのスキル向上に使う

3つ目はコンサルティングを受けてスタッフのスキルを上げるために投資を行うことです。

例えばInstagramやFacebook、Twitter、LINE@、ブログなどのメディアでの集客方法をマスターするためにコンサルティングを依頼すると言う使い方もあります。

このように補助金が出たら以前よりお得になるという使い方ではなく
これから先長く利益を生むことができる使い方をお勧めしています。

補助金の上手な使い方について相談したいことがあれば下記フォームからご登録ください。
https://buzzcreate.jp/p/r/yMFFZA1l

日刊「繁盛店の集客アイデア」をメールマガジン購読する

他業界の事例もたっぷり紹介。
1日1事例で今日使える売上・利益アップのアイデアがいっぱい。
電子書籍「繁盛店の集客アイデアーBest Idea集ー」
無料プレゼント

関連記事

  1. ホームページ制作講座

  2. 【事例】リピーターを獲得し、超常連客にする仕組みと戦略|飲食店の集客ア…

  3. ブログ、ソーシャルメディアに何を書いたらいいかわからない人へ

  4. ホットペッパーの月額掲載料金・プラン変更せずにアクセス・集客効果をアッ…

  5. YouTubeアナリティクスの使い方 視聴者維持率編

  6. 流行りや社会現象に乗って売上を上げる方法

  7. 1年先の来客数をコントロールする

  8. Googleマップであなたのお店を目立たせるには?