宴会の団体予約の当日無断キャンセルを防ぐ方法|飲食店の集客アイデア

最近Facebook広告でよく見かけるのは飲食店の団体様の当日無断キャンセルを防ぐシステムです。

仕組みは、かかって来た電話番号と
過去の無断キャンセルの履歴を照合し、
アラートを即座に表示するシステムで、
アラートが出た人には事前入金をお願いする
という対応を取る仕組みのようです。

私はこのシステムは正直、定着しないのではないかと考えています。

理由は2つあります。

まず「無断キャンセルをする人のデータベース」の構築が必要です。

その為には、
そのシステムを利用する飲食店の母数がいりますし、
飲食店側が「この人はブラックリスト入り」という
データベースへ情報提供が必要
です。

ホットペッパーのように、すでに多くの方が
既にネット予約でかなりの数が利用している
大手サイトがこの仕組みを導入すれば
定着させる確率もゼロではありませんが、
個人情報の問題などコンプライアンス的に
リスクが高いのでおそらく実行しないでしょう。

また、もう一つの理由は、
お客様に前日までに入金をしていただくこと
ハードルは高いですね。

事前入金をしていただくために
電話口で振り込み用の口座を伝える手間が発生しますし、
万が一アルバイトの人が銀行口座を伝え間違っていた場合
入金自体ができないというリスクもあります。

こういったリスクを考えると、
ブラックリストを元にしたキャンセル対策は
お店側でコントロールできる要素が少なく、
不確定要素が多いので定着はかなり難しいと考えています。

ですから、
お店で完全にコントロールできる
仕組みを作っておいた方が良いです。

例えば、
前日に予約を人数の変更や時間の変更がないか連絡を入れる。

「明日お待ちしてますね」と一言を入れるだけで違います。

そしてもう一つは常連様だけの
裏LINEグループを作っておくと良いでしょう。

万が一、
前日や当日にキャンセルが入ってしまった場合
このLINEグループに

明日、予約に空きが出たので
飲みに来てくださったら
〇〇をつけてを出しますんで
よかったらどうぞ。
●名様まで予約取れます!

と送ると

じゃあ「何人で行きます」と
すぐに連絡が入るような
バックアップの仕組みを
お店独自に作っておくことをお勧めします。

ぜひやってみてください。

友だち追加

日刊「繁盛店の集客アイデア」をメールマガジン購読する

他業界の事例もたっぷり紹介。
1日1事例で今日使える売上・利益アップのアイデアがいっぱい。
電子書籍「繁盛店の集客アイデアーBest Idea集ー」
無料プレゼント