お客様のスマホで注文するセルフオーダーシステムのメリット・デメリット|日刊「飲食店の集客アイデア」

昨日、ネット予約・顧客管理システムについて話しましたので
今日は飲食店で利用されているセルフオーダーシステムについて少し話します。

※昨日の記事
99%の飲食店が知らない本当のネット予約・顧客管理システムの活用法

最近は、お客様のスマホ端末で
QRコードを読んでもらい、
その後、アプリで注文するシステムもありますね。

http://smasel.com/

最近行った居酒屋でコレを導入してました。

お客様のスマホで注文するタイプのセルフオーダーシステムを導入するメリットは

お店で端末を用意する必要が無いので
導入コストを軽減できることですね。

ファーストオーダーを取った後に
QRコードが印刷されたレシートのようなものを
スタッフさんが持ってきて
QRコードを読み込んで、
コチラからオーダーお願いします。

と言われました。

ぶっちゃげて「めんどくさい」と感じてしまいました。

運悪く、
私はスマホのバッテリー残量が10%を切っていましたし
連れはデータ通信量が残り少ないので
やむなく、そのシステムを使わずに

従来通り、スタッフさんをその都度読んで注文しました。

コレですとせっかく導入したシステムの効果が半減します。

結局そのお店は、
そのシステムを導入していながら
一部のお客様には従来通り注文を
取りに行かなければいけませんし、

コードレスチャイムも導入したままでしたので、システムもオペレーションも二重になっていました。

お客様の端末、データを使わせてもらって
最初の導入コストを軽減しているのですから
配慮はあったほうが良さそうですね。

・携帯の充電器を用意しておく
・WiFiを用意する
・使い方の説明を写真付でまとめてラミネートしておく
・WiFiパスワードを各テーブルの見えるところに掲示
・このシステムでオーダーしてくれたテーブルには割引をする

このくらい用意して置かなければ
このシステムを導入して狙っていた
人件費の削減にはつながらないと思いますね。

参考にしてくださいね。

日刊「繁盛店の集客アイデア」をメールマガジン購読する

他業界の事例もたっぷり紹介。
1日1事例で今日使える売上・利益アップのアイデアがいっぱい。
電子書籍「繁盛店の集客アイデアーBest Idea集ー」
無料プレゼント

関連記事

  1. 99%の飲食店が知らない本当のネット予約・顧客管理システムの活用法|日…